ChainBowについて

ChainBowとは
ChainBowは、ブロックチェーン技術で日本の高品質オフライン消費コンテンツをオンラインサービスとして提供し、トークン化したポイントを介して消費者および企業向けの便利、豊富で定着率高い双方向プラットフォームを実現した日本初の企業です。
ChainBow はブロックチェーン時代の ぐるなび + PayPay
ビジョン
日本の電子決済の戦国時代に誕生したChainBowは、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪世界博覧会、日本政府のキャッシュレス社会推進などをきっかけとし、ブロックチェーン技術の優位性を活用し、サービス事業および広告代理事業を通じて、今後3年間で年間利益1億米ドル、時価総額10億超のユニコーン企業になることが期待されています。
ChainBow、グローバルユーザー向けの価値があるO2Oプラットフォーム

強み

TECHNOLOGY

ChainBow STO

  • 取引所の流通市場でCSSトークンを販売し、ChainBowが伸びるボーナスをユーザーとサポーターに共有できることを目指します
  • CFSトークンはスマートコントラクトにより60%を変換し、6000万枚のCSS(Cercle Stock Service)ユーティリティトークンを生成します
  • ファンデーションストックが1:1で、1億枚のファンデーショントークンCFS(Cercle Foundation Share)に変換します
  • Cercleシンガポール・ファンデーションが、保有する1,000万米ドルの株価で、1億枚のファンデーションストックを発行します
  • 株式会社ChainBowがCercleシンガポール・ファンデーションに20%の株を譲渡します

取引所

2019年10月24日、四つの取引所に上場

www.biup.io | www.bitsg.com | www.zbm.com | www.yifei.pro

バリュエーションの成長

登録店舗とユーザーが伸びる

CSSインセンティブ

  • 初期の段階では、Cercleシンガポール・ファンデーションはChainBowの収益を使用し、CSSを定期的な買戻し、焼却します。CSSの総量が減少するにつれて、CSSの価値は増加し続けます。

  • 買戻しすることで、最後の4000万枚のCSSが残るまでに、ChainBowは主要なインターネットサービスプラットフォームになったとし、会社収益の一部をCSS保有者に贈呈します。

  • 将来、Cercleシンガポール・ファンデーションは多くの日本の高品質企業のためにSTOの変革を実施し、すべてのCSS保有者が優先投資の機会を提供します。

チームメンバー

私たちは、日本をベースにしたブロックチェーン技術のギーク、伝道者、マーケットとビジネスのパイオニア。究極の技術と製品を追求し、10年以上の製品開発経験を持っています。 さらに日本ブロックチェーン技術者のコミュニティや、日本と海外の投資者、多数の上場・非上場IT会社からサポートをいただいております。
  • Long LI

    CEO & 創業者

  • Patrick Zheng

    COO & 共同創業者

  • Andy Mao

    プロダクトマネージャーマーケティング総括

  • 魚 振江(日本)

    CTO & フルスタックエンジニア

  • Xueming Sun

    フルスタックエンジニア & 共同創業者

  • Yang Lin

    Co-Founder

  • René Pappelbaum(ドイツ)

    UI/ブランドデザイナー

  • Jarvis Cho(中国台湾)

    グローバルマーケティング

  • エンジニア & 営業

    10人+

エンジェル投資者

  • 雷臻

    Bibox Founder & CEO

  • Fei Xiao Hao

  • その他のブロックチェーンインフルエンサー

ストラテジック投資者

パートナーズ

連絡